ホーム

ダイレクト出版deマーケティング

ダイレクト出版で勉強していきます!

アフィリエイトで本当に稼げるのか?

あれで稼げたら楽そうだけど、そもそもワンクリック詐欺とか悪質な勧誘とかもあるなかでああいうので稼ぐってのはよっぽどすごいんだろうなって感じます。

実を言うと僕が前からやってるのは不動産投資。
最近多いですよね。
やっぱり確実というか僕としては一番効率よく、安定して収入を得る事ができる投資商品だと思ってます。

でも年金対策っていう意味合いが強いせいか、思いっきり稼げるかってなると僕の状態では正直まだまだって感じですね。

まあこれからって感じです。

でも最近FXにも興味がでてきました。
安定が一番の僕からしてみれば、ハイリスク・ハイリターンとしてしられるこの金融商品に手を出すと言う事は正直ギャンブルかもしれません。

実際のところFXについて知ってることなんてほんとに少しだけ。

やっぱりやめといた方が良いのかなーとか考えますけど、なんでも行動してみないとわからないですよね。

ということで最近になって勉強を始めたんですが、FXって詐欺などの事件が過去に結構あったみたいで、早速出鼻をくじかれた感じがします。

それでも勉強はつづけたわけですけど、段々と知識よりも実践的なノウハウを学んだ方が効率が良いかもって思いました。

とりあえずダイレクト出版が投資についてのメルマガを配信しているということで、利用してみることにしました。

30,000人以上の株投資家が購買中ってことで、かなり期待できそうです。
何かオンラインセミナーもやってるみたいなんで、これからちょっと頑張ってみようと思います。



RSS リーダーで購読する

ダイレクト出版のメルマガを読んでみました。

かなり暗い話から始まってしまいますが、何とも最近気分がのらない毎日。

というのもアフィリエイトが全ての始まり。
これを知ったばかりのころなんて、とにかくいろんな種類の物販ブログをめちゃくちゃに作ってムリな勧誘とかしなくても、とりあえずクリックして買ってもらえば良いって思ってました。

でもうまくいったのもほんと最初だけだったんですよね。
もう今考えると何時間も作業してたから効率があまりに悪かったなと思います。

今思えば僕がやってきたことってこんな無駄なことばっかりで昔から成功したことがあまりないんですよね。

そんなこんなで気持ちの入れ替えにとでも自己啓発の本を読むことにしました。

とは言っても買いに行くのがめんどくさい。

今ならケータイ使ってからでも読めると思って、検索してみることに。

そしたら自己啓発のメルマガってこんなにあるのかってぐらいかなりでてきました。
適当に探してみたけどやっぱり行きついたのはダイレクト出版。

「デイリーインスピレーション」ってやつで、成功型人間になれるという。

ドクターモルツって人がでてるけど知らないし、詐欺とまでは言わんけどちょっと嘘っぽい。

なんかとても有名な人らしいですけど。

まあどうせ何も変わんないだろうと思っている自分が読んで、効果が出るかは疑わしいが騙されたと思って読んでみる事に。

内容はうまくまとめられないけど、セルフイメージっていう自分がどんな人だと思うかって話で、自分がどうなりたいかなど自信を見つめ直す感じでした。

今思うと確かにネガティブな方向ばかりで、自分なんか・・・と考えることばかりだったかもしれない。

ちょっと今度からは考え方を変えてポジティブにいこうかなって思う。
たまにはこういうものも読んでみるものですね。



RSS リーダーで購読する

ダイレクト出版ってすごいのか?

最近始めました。

「アフィリエイト」

ちなみにアフィリエイトって知ってますか?

何というかWEBサイト上の広告から勧誘して、会員登録してもらったり商品を買ってもらってもらうものです。

ざっくり説明しましたけど、決して怪しいやつじゃないです。
最近はこれをやってる人も多くて、結構稼いでる人もいるらしいんですよね。

そんなに動く必要もなく稼げるのかな?って甘い考えで始めたのですが、これがはっきり言って全くうまくいかないんですよ。

アフィリエイトの失敗談などを見て勉強したつもりだったんですが、世の中そう甘くないってことですね。

そこでアフィリエイトに役立つってことで見つけたのがダンケネディの「裕福なるための10の方法」というもの。
こういうのって結構嘘っぽいイメージですけど、読まないよりもましだと思ってとりあえず読んでみる事に。

なんたってダンケネディですからね。

それからというのも、漫画のような話ですけど、うまくいくようにはなりました。
さすがに億万長者とまでは言いませんが・・・

それにしてもこのダンケネディってアメリカのダイレクトレスポンスマーケティングというものの神様的な存在の人だからすごいですよね。

この人は世界中で多くのお金持ちを育ててきたようで、もう指導者としては達人と言われているようです。

世の中すごい人がいるもんだなって感心してたら、この人の日本オフィシャルブログを発見しました。
どうせならと思ってサイトをクリックするとそこには「ダイレクト出版株式会社」の名前が。

前も言ったんですけど、この代表の小川忠洋って人がダンケネディにビジネスを学んでいたとのこと。

やっぱりここってすごい会社なのか?って改めて感心しちゃいました。

やっぱすごい人って言うのは、それだけの人から良いことを学んでるものなんですね



RSS リーダーで購読する

ダイレクト出版のダイレクトレスポンスマーケティングについて

マーケティングってなかなか難しいと感じたことはありませんか?

その理由について最近ひたすら考えていたんですよね。
個人的に思った事なんですけど、そもそも成功事例があまり紹介されていないような気がするんです。

たまにあったとしても何ともうそっぽい詐欺まがいのような記事で、最後には勧誘目的のような内容があったり・・・

だからちょっと考え方を変えてみる事にしました。
そもそも成功事例を参考にしても人によって分野が違うわけだからあまりあてにならないのかもって。

というわけでマーケティングの手法から何かヒントを得ようと考えたんです。
そこでいろいろと調べたんですが、
「ダイレクトレスポンスマーケティング」に行きつきました。

この手法は簡単に言えば販売を促進するということを目的とするもので、間違っても直接販売が目的ではないものです。
だから興味を持っている見込み客にポイントを絞って、アプローチをしかけて、相手からアクションを起こさせるって感じです。

そしてこの手法について様々調べたところダイレクト出版に行きつきました。

ダイレクト出版という企業は
・マーケティング
・投資
・自己啓発
この3分野においてメルマガや教材を提供している会社とのこと。
最初は不安も感じたんですけど、代表の小川忠洋って方もいろいろ調べてダンケネディとからビジネスを学んだということもあって利用してみる事に。

ちなみにダンケネディっていうのは、ダイレクトレスポンスマーケティングにおいて神的な位置で指導を行っている人です。

僕はそれを知っていたからすんなり信用できたんでしょうね。
ということでメルマガを読んで、始めたわけですよ、僕なりに。

遅くなりましたけどちなみにアパレル企業で僕は働いています。
このマーケティング手法をどうやって行うかってとこが問題なんですよね。

今まではチラシを配るなどしてとにかく誰でも良いからこいって感じだったんですよ。
そこをはじめに変えました。
数より質ってとこに焦点を合わせたわけです。

よくよく考えてみればうちのブランドを見に来てくれる人ってお客さんからの紹介がほとんどだったんですよね。

だから今いるお客さんからお客さんを増やしていこうと考えたわけです。

メルマガも配信するようにし、シークレットセールやノベルティ、そしてイベントも増やしてよりお客さんとコミュニケーションを取れる機会を増やしたんです。

あと一番工夫したのがDMですね。
具体的には言えませんが、とにかく細部にこだわるんです。
このマーケティングの特徴は商品の良さを伝えるのも大切ですけど、どうすれば相手が行動するかを考えないといけません。

コピー文や相手を引き込むツールをいかにして作り込むかが重要なんですよ。
これ以上は言えませんが(笑)

じれったい気もしますけど、これで大幅に売上も変わっていきましたね。
何より見込み客が増えたのもそうですけど、口コミとかの紹介で新規のお客さんまでも来るようになりました。

今ではダイレクト出版のおかげで一度会員にできたら、うちのブランドからはなかなか離れることはできないと考えています。

初めにダイレクト出版のメルマガを見た時は正直どうなの?って思ってましたけど、まずはやってみないとわからないってことです。
ということで最後に小川忠洋さんのブログにあった僕のヒントにもなった言葉を紹介しておきます。

「どう言う言葉が人を刺激するのか?
      どう言う動機で人は動くのか?
   どうやったら自分の商品を買ってもらえるのか?」



RSS リーダーで購読する

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !



RSS リーダーで購読する

ホーム

カレンダー
« 4月 2014 »
M T W T F S S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
アーカイブ
固定ページ
外部PR

ページのトップに戻る